発創アリ。

2009 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
他問自答。



答えにあふれる社会です。


ビジネス書コーナーには「~しなさい」という命令系の本が並び
とってもマゾヒスティクな気分になれます。


答えがいくつもあって悩ましいうちは幸せです。
答えが外からやってくることに慣れてしまうことは悲劇です。


私たちの行動が「答え」によって導かれるのではなく
本質的には「問い=疑問」によって導かれるのだということを
忘れてはならないと思います。


何かを得たいと思い
それはどうすれば得られるのか、近づけるのか
と、心底、問うとき、私たちは行動へと動機づけられるはずです。


Aを手にするにはBをすれば良い
というような「答え」によって導かれる行動には
持続性にも深みにも近づき得ないでしょう。


なぜなら、「私はAを欲する」「そもそもAを欲するのはなぜか?」
という問いが不問のものとして保留されたまま
Bという答えが与えられているからです。


実は、学校で習うことの他には、つまり実社会では
答えなんて「なんとでも言える」ことが多数派であって
答えを探すことよりも、切実なる問いを探すことの方が
はるかに大切だということを忘れてはならないと思います。


問いを立てるための簡単なトレーニングがあります。


すごい人の講演会などで質疑応答の時間があります。
その人が本当にすごい人であればあるほど
人の心に問いを育む力があります。


この人は、なぜ○○なんだろう?
どうやって、○○してるんだろう?


その答えを、その偉い人に伺うことも役に立ちますが
その問いを、自分自身に向けることはもっと役に立ちます。


もし、自分がその人のような成果を得ることがあるとして
それは、何によってもたらされるのだろう?


偉い人のすごい話によってもたらされた
素朴で深い問いを、自分に向けてみるとき
自分が何を欲し、どう行動したいと願っているのかを
探すことができます。


この思考過程は、自分ひとりではなかなか実現し得ないものです。
問いとは、本来、自分の理解できない他者に向けられるものですから。



他者をきっかけとして得られた問いを自分に向ける。
他問自答。


問いは世の中を切り取り、自分を切開するための
顕微鏡でありナイフでもあると思います。



そう言えば、ビジネス書の中には
安易に答えを得ようとする風潮へのアンチとして

自分で考えなさい系
答えを求めてはいけない系

の本もチラチラ見受けられます。


これはつまり

「私の本を読んではいけない」

ということを意味しているわけですが
であれば、この人は、何がしたいのでしょうか(笑)



スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。