発創アリ。

2009 04
03 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
誰を休ませるか。


内定取り消し、採用削減
そして新入社員の自宅待機。


これから社会で活躍しようとした矢先に
出ばなをくじかれる若者が数多くいます。
すごろくで言えば、スタートしたらいきなり「1回休み」みたいなものです。


企業は、人件費という「コスト」を増やさず
これまで培った現場をオペレーションする「スキル」を維持するために
このような選択をするのでしょう。


この恐慌の時代に、この選択は
生き残りへの選択肢として、ごく自然な決断なのかもしれません。


ところで、企業社会では近頃「ピンチはチャンス」という言葉が
繰り返し繰り返し呪文のように唱えられています。


僕は、現場に広がる人の削減=「1回休み」が
とても大きなチャンスに化ける可能性を孕んでいるように見えます。

といっても、今のように
「若者を組織に迎え入れない」という方向には
活力減退のリスクの方が高いと感じます。


僕が可能性を感じるのは
「中堅以上を休ませる」という方向です。


どっちにしても、現場に人があまるのなら
若者を迎え入れないという選択ではなく

中堅以上をいったん休ませて
カチカチに固まってしまった思考スタイルを溶解させる時間を与え

現場の「重し」のようになっていたであろう彼らが不在の間に
先入観の少ない若者の目線で仕事を生まれ変わらせていく

もちろん、「1回休み」の中堅以上には
今後の生活への安心感を与えておくことは必須です。



こうすることで
企業の現場は、短期的にはカオスを経験しますが
その後、大きな活力、イノベーションを生じることができるのではないか
と考えています。


現場に人が余るとき、誰を休ませ、誰を活躍させるのか?


主力を休ませ
新戦力を投入する


ピンチをチャンスに変える
ひとつの選択肢であると思います。


そのとき
人件費は投資に変わり
現場を維持するスキルではなく
イノベーションするスキルが育まれるでしょうから。

スポンサーサイト
 発創する組織風土 コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。