発創アリ。

2008 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
高橋尚子が退く。



大好きで大好きでたまらない
高橋尚子選手が引退してしまいました。


シドニーオリンピックで金メダルに輝き
翌年、世界最高記録をマークし
これからどこまで強くなるんだろうと
ワクワクしながら彼女のことを見つめていました。


故障を繰り返していたときも
いつかきっと、必ず。。。と思って応援してました。
そしたら、東京国際でバッチリ復活してくれて
嬉しかったなぁ。。。

やっぱり高橋選手だ!やってくれた!
ってジ~ンとしたのを覚えています。



高橋選手は
いつもいつも笑顔でした。

その表情や発言や行動のひとつひとつが
応援してくれるみんなへの気配りに溢れているようでした。

そして何より
いつでも楽しそうに走っていました。



本当は
骨折したり手術したり不調になったり
プロスポーツ選手として辛いことが一杯あったはずです。


笑顔を絶やさない彼女の奥底に
プロとしての強烈な自負心を感じていました。


そんな彼女が今シーズンの目標に掲げた
東京、福岡、名古屋の3大会連続出場。。。



「あきらめなければ、夢はきっとかなう」


が口癖の高橋選手でも
いくらなんでも。。。もう36歳だし。。
と思っていました。だけど、今度も、ひょっとしたら。。。


だけど。。。「ひょっとしたら」は起こらないまま
ひとつの大会を迎えることもなく
高橋選手は引退してしまいました。


彼女のプロ意識に魅せられていたからこそ
その決断の重さや辛さが、ずっしりと伝わってきます。


決して華々しいゴールではなかったけれど
高橋選手が、最後の最後に魅せてくれた
プロとしての信念のゴールに拍手を贈りたいと思います。



ファシリテーター
冨永良史
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。