発創アリ。

2008 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
効く聴き方。



セミナーでも授業でも


「きく」という行為を説明するために
必ずする質問があります。


「『きく』という漢字は3つありますが
 いくつわかりますか?」


そこの上で


【聞く】・・・音として耳で受けとめる
【聴く】・・・意味として心で受けとめる
【訊く】・・・より深く理解するために訊ねる


といった説明をします。

だいたい2つ目までは簡単に答えられるのですが
3つ目がなかなか出てきません。


ところが、この前、大学の授業で
「なるほどなぁ」と思わされる答えが出てきました。



「きく」=【効く】



僕の問いかけに対する答えとしては
少々ずれているのですが
すばらしい答えだと思いました。



そうなんです。
「きく」という行為は
非常に「効く」んです。


きいてもらえると
そこに受容感が発生し
話し手も聴き手も思考が活性化して
ひとりでは考えられなかったアイディアが生まれます。

きいてもらえると
安心感と参加意欲が生まれ
行動へのモチベーションは高まります。



さらに「効く」聴き方は
誰でも知っていることですが


相手の意見を反復・要約する。


ということです。


誰かの意見に対して
自分の意見を述べようとするとき


その前に、相手の意見を反復・要約した上で
自分の意見を述べるだけで
場の雰囲気は、かなり受容的かつ創造的になります。
例えば・・・


A君「次のイベントではたこ焼きを売るのがいいと思います」

B君「たこ焼きを売るんですね。それより、金魚すくいはどうでしょうか」


反復を前に置くことで
相手の意見を否定・攻撃する気分は弱くなります。


一方で反復なしに自分の意見を言うと
どうしても対立的な雰囲気が生まれやすくなります。
例えば・・


A君「次のイベントでは、たこ焼きを売るのがいいと思います」

B君「それより、金魚すくいがいいと思います」



誰でもできる、簡単な行為なんですが。。。
会議の場で、どれだけ反復・要約がされてるでしょうか。


誰かが意見に対して何か意見を持ったら
それをスグにぶつけることが多いのではないでしょうか。


反復・要約を間に挟むことによって
対話に受容的なリズムが生まれます。
火花が散りにくく、融け合わせやすくなります。


時には、反射神経まかせの
ぽんぽん弾むような対話が有効ですが


議論を深めたいとき
対立、すれ違いばかりに悩むとき

反復・要約を意識的に増やして
受容的なリズムを会議室に奏でてみてはいかがでしょうか。



ファシリテーター
冨永良史
スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。