発創アリ。

2008 02
01 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 → 03
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
最初のひと言にご用心。



会議において
最初のひと言の影響力は
軽視できないんです。



あ、ひと言とは
参加者に意見が求められた時の

最初に出される意見

のことです。



意見を求められたとき
過半の人は、様子見なんです。


他の人が何を言うのかな?
自分の思いつきは、求めに対して妥当なのかな?


と、他の人の出方を伺ってます。


その時
勇気ある誰かが

ポン

と最初の意見を場に投げ込むと。。。
何が起きるのか。



様子見の皆さん達は
反射的に


最初の意見を判断軸として
または発想の起点として利用して
自説を考えはじめる


という行動に出やすくなります。



「今度のお祭の屋台、何にしますか?」


「金魚すくい!」



他のみなさんは
「金魚すくい」から発想を始めるんです。

問題は、金魚すくいという意見が
みなさんの発想を制約することです。


そこからあまりに離れた意見は
場に投げ込まれにくくなります。
というわけで、旧態依然のお祭が毎年繰り返されます。



では、最初のひと言をどう扱えば良いのか?



ファシリテーターに期待される役割として


最初の意見を
一挙に相対化する


ということが考えられます。


「金魚すくい」が出されたら



「なるほど、「すくい」系が考えられますね
 他はどうでしょう。
 すくう、釣る、なめる、かじる、踊る、たたく。。。
 う~ん、屋台といっても色々ですからねぇ」


なんて、どんどん発想の枠を広げていきます。
これをなるべく早い段階でやった方が良いと思います。


特に、アイスブレイクされてない
固めの集団の場合
皆さんの脳みそ、バラバラのゆるゆるにする必要がありますから。



意見が出たら
早め早めの「一挙相対化」


これ、効きます。
一瞬で、さりげなく、ですから
ちょっと難易度、高め
反射神経、要りますよ(笑)



ファシリテーター
冨永良史

↓早め早めの応援クリック、お願いしますね。
スポンサーサイト
 発創する会議術 コメント(0)
これは、みんなの意見です。



言い方は色々でしょうけれど

ひとつの意見が
大多数、あるいは全員の
意志を代表しているという意味を込めて



「これは、みんなの意見です」



のようなことを言います。
会社で、町内で、学校で、マスメディアで
頻繁に耳にします。



これは本当なのでしょうか?
そんなこと、簡単に言えるのでしょうか?


世論調査で80%の人がNOと言った。


これは、みんなの意見でしょうか?
残り20%の意見を無視しているという次元ではなく

「みんなの意見」というものがそもそもどのように可能か?
という問いを乗り越えた上での表現かということです。


みんなの意見。。。


誰もが
同じように現実をとらえ
同じように意志する。


そんな簡単なことではないわけです。
多数決で、圧倒的多数を獲得したとしても
それが「みんなの意見」だとは限らない。


同調、権威、無責任、視点の偏向・誘導などなど


様々な要因が合意に影響します。
合意しているからといって
真の意味の合意かどうかはわからない。
制度的、統計的、結論的な意味において
「みんなの意見」であって


「背景を共有した上での
 みんなの意見」


である保障はないんです。



合意という結果は
決して共通性を保障しない。
その背景には、様々な思惑・誤謬があります。



世界の多様化、断片化が進み
一方で、「みんな」で取り組むべき問題が深刻化する中

真の意味での
「みんなの意見」を
どのようなプロセスで生み出すか?


という問いは、日に日に
重要性を大きくしているように思えます。
「真のみんなの意見」こそが、圧倒的な解決力の源だからです。

そして、その答えは、どうやら
ふたつのところからもたらされるような兆しを感じます。


ひとつは
膨大な情報集約、整序、共有を瞬時に行なう
グーグル的なITから。

もうひとつは、おそらく
多人数が、ランダムに気ままに話し合う
猥雑でプリミティブな対話から。


ITによって、僕達の行動は散在化しましたが
その反対、おそらく反動として、多様な人たちが「集う」ことは
今後、増えていくように感じています。



「どのように話し合うか?」
という話し合いの作法については
ITと比べれば、驚くほどに未開拓だと思うのです。



ファシリテーター
冨永良史



↓ひとりひとりの意見として、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
 発創する会議術 コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。