発創アリ。

2007 12
11 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 01
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
原因と結果を無理やりつなげる。



インターネット上のニュースや新聞の見出しは
ほんの僅かな文字数で事象のすべてを端的に表す
というレベルの高い言語運用能力が必要だと思います。




ものすごくひどい見出しが氾濫しています。
「原因と結果を無理やりつなげる」ことで注意を惹く
という方法が当たり前のように使われてます。


例えば


隊員寝坊で搬送遅れ 男性死亡



寝坊したことと男性が死亡したことが
因果関係で結ばれていますが
記事を読むと、その間に直接の因果関係があったことは
確認されていません。



こういうの
毎日、毎日、あちこちのマスコミから
垂れ流し発信されてます。



まだ食べられる食品の賞味期限を偽るのと
どっちがより悪質な「偽装」なのかなぁと思います。


チラホラ言われているように
賞味期限の偽装で「お腹をこわした人はいない」わけですから。



原因と結果の無理やり結びつけは
あまりに日常的に行なわれるがゆえに
僕達の脳みそもそれに慣れてしまって


あらゆる話し合いの場で

因果関係と相関関係の混乱やら(これはまだマシですが)
原因と結果の逆転やら
無関係の事象を、個人の価値観で因果で結んだり

当たり前のように起こっています。



議論のプロフェッショナルであるはずの
国会、県議会、市議会でも普通の光景です。




賞味期限切れの食品を食べて
お腹をこわすくらい

これと比べれば
社会に対する影響は
かわいいもんだと思えます。




メディアに曇らされた脳みそのレンズは
常に磨いておかないと
まったく違う光景が見えてしまいそうです。



ところで
メディアの発信する因果が混乱した情報と
僕達の話し合いの場で生じる因果の混乱は
因果関係で結べるのでしょうか。。。



そこには
根深い相互依存、相乗効果の関係が
ありそうに思えます。



ファシリテーター
冨永良史


↓みなさんが応援クリックする(原因)と、僕のやる気が出る(結果)。です。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。