発創アリ。

2007 09
08 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
38秒03の奇跡。


昨夜打ち立てたアジア記録を
大幅に更新する


38秒03。



世界の超一流の証とも言える
37秒台を目前にした大記録。



世界陸上
男子4×100mリレー。
5位入賞です。



予選を全体の3位で通過して
メダルの期待が高まっていましたが
やはり予想通り

ブラジルとイギリス

に僅差でやられました。




だけど
メダルが取れなくて残念というよりも



素晴らしいものを
魅せてもらって
ありがとう


という気持ちの方が
ずっと大きいです。



4人の魂の響きあいを
会場の応援とテレビ視聴者の応援と
4人の魂の共鳴を感じた
すばらしいレースだったと思います。



この38秒03という記録は
レース前には、おそらく
誰も予想しなかったのではないかと思われるくらい
すごい記録です。


それでも届かなかったメダルを惜しむより
4人と、応援するみんなが紡ぎあげた
この奇跡的な38秒03の時間(とき)を
大事に、大事に味わいたいと思いました。



レース後の朝原選手が
インタビューで


「スカッとしました」


と爽快な表情を浮かべて答えていたのが
とても印象的でした。


メダル、メダルと言われていたのに
5位で「スカッとしました」と。


他のメンバーも同じように
達成感にあふれた表情でした。


それくらい出しきったレースなんだと思います。
それくらいすごい記録ですし。



レースのスロー映像に映し出された
最後の100mを走る朝原選手の表情は
普段の柔和なそれではなく

まさに
鬼神

でした。
高野監督の言うとおり
冷静に、熱くたぎったオーラが
爆発しているような表情でした。



この
38秒03という時間に
僕はとてもたくさんの
言葉にできないものを
学ばせてもらった気がします。



この奇跡はおそらく
普通の奇跡ではないでしょう。
そんな気がするんです。


この奇跡はおそらく
成長する奇跡です。


1年後
北京の地で
何を見ることになるのか
とても楽しみです。


あぁ、生きてるって
素晴らしいなぁ。




ファシリテーター
冨永良史



↓奇跡にみんなで乾杯しましょう!!乾杯クリックを!!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(4)
魂のリレー。


アンカーの朝原選手が
日本人離れした加速を見せ
3位でフィニッシュした瞬間


テレビが面に吸いつけられていた僕は


「っよぉぉぉしっ」


と意味不明の叫び声を上げていました。
気がつくと、偏頭痛がするくらいに
緊張して、気持ちが張り詰めていました。



あやうくテレビ観戦で
脳みその血管、切れるところでした(笑)



世界陸上
男子4×100mリレー予選。
日本チームは全体の3位で通過です。


しかも
日本新記録で
アジア新記録。


4人で400mを走るのですが
日本チームの走りは
4つの魂がひとつに融けあって
ひとつの魂が走っているように見えました。


体は4つだけど
魂はひとつ。


そんな時は、まるで
ひとりの超人が400mを走っているように
バトンが流れるようにつながっていきます。



日本チームの個々の走力は
エースの朝原選手でも
準決勝に残るのがやっと
というレベルですが


バトンパスは
芸術的といってもいいくらい
他国にマネのできない高いレベルです。



予選でのバトンパスは
どの区間も、詰まり気味のように見えたので
もう少しタイムが伸びそうな気がします。


予選で
ほぼひとつに重なり合った
4人の魂が


決勝では
ぴったりひとつに重なり合って
バトンは一本の光の線のように
見えて欲しい。



メダルよりも何よりも
僕は、そんな光景が見たいと
願っています。






ジャマイカ、アメリカの2強は別格ですが
今期ベストを大幅に更新したブラジルと
決勝だけを見据えて着実に走ったイギリスに
要注意。


魂がつながれば
メダルはその結果。
欲を出さず、一心不乱に。


今夜の決勝は
脳みそから出血するまで
祈ります、応援します。



ファシリテーター
冨永良史


↓皆さまの魂の応援クリックが、僕の魂を磨いてくれます。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
 出来事・日記 コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。