発創アリ。

2007 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
室伏クライシス。



世界陸上
男子ハンマー投げ
室伏広治選手は6位でした。



地元の朝刊にはこんな見出しが・・・



>責任果たせず。
>求められたのは「金」。



前回のオリンピック王者だから
昨年無敗の世界ランク1位だから



金メダルを期待するのは
自然な感情でしょう。



だけど
客観的であるべきマスコミが
こんな記事を書いているようでは
日本のスポーツを観る目は磨かれないと思えます。



確かに昨年の彼は
鉄人の名にふさわしく
圧倒的な強さで世界を震撼させました。



だけど
今年は、調整が遅れ
大会直前の世界ランク10位にも入っていません。



そこをちゃんと分析せずに
地元開催だから、元王者だから


メダルは当然。狙うは金メダルだ。


なんて報道をしてます。
どのマスコミもおおむね同じです。



報せなければならないのは


調整の遅れは
取り戻すべきミスなのか
もっと大きなビジョンを持った
意図的なものなのか。


彼が目指しているのは
金メダルなのか、記録なのか
それとも、僕らの理解を超えた
もっと、もっと大きな理想なのか。


彼の不可思議な練習方法は
いったい何を意図したものなのか
大会直前に博士号取得に時間を割いたのは
どんな意図からなのか。



そういうことを
ちゃんと情報収集、整理、分析して
報せるのがマスコミの仕事のはずです。



今の報道は、まるで
ミーハー根性を煽るだけが目的のように
見えます。



室伏の敗退を冷静に報道するとともに
驚異の逆転劇を見せた
イバン・チホン選手の分析を
同じくらい詳細に報せるべきではないでしょうか。


あれは滅多にみられない
本当に驚異、驚愕の逆転劇です。
あんなことを可能にする精神力、技術力は
いったい何を源にしているのか
そういうことを報せて欲しい。



僕は
大会前から

室伏選手のメダル獲得は
かなり困難であることと
チホン選手が圧勝するであろうこと

はなんとなく予想していました。



それは
色々な情報を公平に扱っていたら
普通にできる予測だったと思います。




室伏選手の敗退にまつわる報道は
今さらながら


日本のマスコミの
分析・批評力の
あきれるばかりの危機的な低さ


を露見した
クライシスだったのではないでしょうか。



今の報道は
戦時下の大本営発表と
そう変わりません。



日本選手が次々に予選敗退していますが
それで世界陸上の面白さが失われるわけではなく


世界の超人が集い
リアルタイムでその美技を堪能できることにこそ
今大会の意義があるわけで


自国選手の結果ばかりに注目せず



超人たちの宴を

みんなで思いっきり
味わいたいと願っています。




ファシリテーター
冨永良史


↓今宵は宴じゃ。いざ、クリックを!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。