発創アリ。

2007 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
嬉しいなぁ。


つい最近
というか、先ほど
とっても嬉しいことがあったんです。


なんとも言えず
ホンワカと、でもジーンとした
気持ちになるようなことがありました。


先日の記事にしました
ワンコイン塾でのワークショップの後日談です。


有志による勉強会である
ワンコイン塾の3周年を記念して
「あしあと」と「これから」と「キャッチコピー」
をみんなでまとめようというワークだったのですが。。。



2回シリーズ、4時間で
なんとか難産の末、まとまったのです。
それなりに好評だったんですが。。。


しばらくして
世話人の道正さんから
お電話をいただきました。


「せっかく決まったキャッチコピーですけど
 もうひとつ、しっくりこないので
 もう少し考えてみたいんです」


ということでした。
おそらく、僕が進行したワークの結論を
考え直すことについて
僕の心情にご配慮いただいての連絡
だったのではないかと思います。


で、つい先ほど

「(新しいキャッチコピーが)決まりました!」

という
弾むような(雰囲気の)メールを
いただきました。



僕にはこの過程が
なんとも言えず嬉しかったんです。
ファシリテーターさせていただいて良かったなぁって。


皆さんが
「もう1回、自分達で考えてみよう」
って思ってくださって
お忙しい中、自主的にワークを開催してくださったんです。



僕の仕事の理想は

その場をキレイにまとめることではなくて
その場に、その風土に
後々まで残る「お土産」を
ささやかにでも残して行くこと

だと考えています。



ファシリテートした後
その翌日から、その組織に
「自発的な変化」
が起きることこそが、僕の理想です。



だから
「やっぱり考え直したいんです」

それから
「できました!」


というふたつのメッセージが
僕にとても響きました。



ファシリテーターがいなくなったとき
そこに何が起きるか、起こせるか


それこそが
ファシリテーターとして
自分に問い続けないといけないことかな
と思ってます。




ファシリテーター
冨永良史


↓皆さんに応援クリックの気持ちを起こせるかどうか?
↓そこのところも、自分に問いかけないと。。。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
スポンサーサイト
 出来事・日記 コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。