発創アリ。

2006 09
08 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告 コメント(-)
本当の問題は?
経営革新て、よく聞く言葉です。最近特に。
その中身に異議ありっ!です。非常に。

経営革新が求められる背景は…
技術が発達したおかげで、どこの会社が作っても
必要な製品品質は立派に実現できて
差がつきにくい。

だからこそ、経営革新。
自社ブランドを作りましょう。
新たな販路を開拓しましょう。
製品開発しましょう。

なんだか、違うんだけどなぁ、と感じます。
背景の部分は、まあ、そうなんでしょうけれど。
解決策が、上滑り。

自社ブランドも販路開拓も製品開発も結果であって
そのために必要なことに目が向いていないんです。

まるでISO認証を取得したら経営が良くなる
みたいな発想です。

そうではなくて
ブランドや販路や新製品を生み出す

人の創造性

に目を向けないと。

これは
顧客リスト見ても
財務諸表見ても
よその会社見ても
経済や経営についていくら勉強しても
解決しないと思うんです。

目の前の人、仲間、自分を含めたチームが
どうやったら創造性を発揮できるか

これは自分と人と向き合って
動機や活力や発想の生まれる条件を
考えないといけない問題です。

経営革新セミナーを受講する前に
マーケティングの本を読む前に

あなたのチームを最強にする
チームの活力と創造性を引き出す条件を
考えなければならないはず。

そこが
発創デザイン研究室の研究課題です。

スポンサーサイト
 研究室紹介 コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。